BLOG

厄年の厄払いに参った IN 北見神社

40にして惑わずですか。。

惑いますよね、ええ。

年齢の話です。

昔、南海ホークスの門田選手が、40歳でHR40本記録して、「不惑のホニャララ~」みたいなことを新聞に書かれていたのを読んだとき、えらいオッサンのくせにアスリートな記録出しやがるな、スゲエなあ、なんて思いました。

ファミスタで門田でホームランを打たれては、失笑してました。

自分の中での40歳の男のイメージというのは、“ハゲでデブ”だったので、そのオッサンの年齢に自分がなっていることに対し、大変な違和感を感じてしまっております。

 

というわけで、地元の北見神社へ厄払いに行って参りました。

北見神社

5000円を支払って、モチとかマメとかお守りだとかを一式いただき、人間をかたどった紙に筆で名前を入れてもらい、お堂っていうんでしょうか?そこで一連の作法を行なった後、その紙人形を奉納みたいなことしてきました。

様々な文化でカオスの日本国ですので、お寺だの教会だの神社だの、まあメチャクチャなわけですが、個人的には、神道が一番しっくりきますね。

この国で暮らしている空気感と、神道の雰囲気が、なんというかフィットしています。

仏教は、どこか貧乏くさくて、ドMなカンジがするし、

キリスト教は、ご都合主義の事柄が多いというか。

その点、神道は、どこか上品で控えめなところが、大変日本的だなあと感じるわけです。

僕も一瞬、ウェブデザイナーなんぞやめて、神に仕える清らかな人生を歩んでみたいな、と0.1秒だけ思いました。

 

[ 超余談 ]

卑弥呼さま

ちなみに、「三国ヒーローズ」の卑弥呼さまです。神様ではないけど、僕の中の「神道」のステロタイプイメージ。いやあ、美人すぎますね。すぐにお仕えしたいです。

タグ:

Comments