BLOG

FileMakerスキルアップワークショップに参加してきました

3月に、一度は天候不順のために延期されていたFileMakerのセミナーに参加するために、
仲間のプログラマーの「パワーウインダム」さんと石狩のプログラマー「CONTENTO」さんに誘われて
はるばる札幌は宮の沢にある生涯学習センター「ちえりあ」までやってまいりました。
(しかし、いい施設だなぁ。。)

4/20、朝5時30分に出発・日帰りで夜中に帰ってきたわけなのですが、
都合10時間ほど運転してたので、さすがに翌日はその後遺症でボロボロでした。

クルマの電気系統が故障したり、
立体駐車場の縁石でクルマのスカートがめくれたり、
サイフをなくしたり、
夜中の峠でガソリンがEゲージに突入したり、
とトラブルの連鎖を乗り越えた一日だったわけですが、
それは置いといて、肝心のセミナーのほう。

FileMakerは老舗のソフトウェアで、データベース系のプログラムソフトとしては、
MicorosoftAccessとの二大巨頭らしいです。

ちなみに僕の中でのFileMakerのイメージは、15年ほど前のイメージから化石化した状態でしたので、
説明を受ける中で「ああ、こんなにとっつきやすかったんだ」と驚いてしまいました。

オブジェクトを積み木のように“ポイポイ”と配置することで、
あれよあれよとデータベースフォーマットが組みあがってしまいます。
インターフェースがプログラムチックでない、ということがここまでとっつきやすさを実現するものなのかと、
当たり前の道理ではあるのだろうけれども、改めて実感した次第です。

Accessが、Windowsのみ対応という状況を考えると、
MAC(いうなればiPhoneやiPadも)にも対応できるというのがFileMakerの良さで、
仲間のプログラマーいわく「双方一長一短あるけれども・・・」ということですが、
とにもかくにも、開発環境が柔軟になるというのは喜ばしいことであります。

ウェブ制作という仕事柄、ついでの相談で、社内のちょっとしたデータベース的仕組み等の相談を承った際に、
毎度イチからの発想で、提案等をしてきたわけなのですが、
FileMakerありきでの提案というのも十分アリだな、と思えた次第です。

 

Filemaker

Filemaker
http://www.filemaker.co.jp

タグ:

Comments