BLOG

WordPressのテンプレート作成で僕がやりがちなこと

WordPressでホームページを作る際に、
僕がやりがちなこととして、テンプレートをslug(スラッグ)でヒモ付けるという甘い蜜。

例えば、固定ページで「リンク集」なんてのを作ったとして、
リンク集プログラムを読み込ませた「page.php」を使いたい場合、
固定ページ「リンク集」にスラッグを「link」とでも設定し、page-link.phpというのを作って、プログラムを書きます。
“-slug”というファイル名にすることで、スラッグを設定したものに勝手にヒモ付くんすね。

この使い方が、自分的にはなんかしらんけど、ズッポシ感があって、たまんないんすよねえ。

page.phpの内部でif文で記事IDを判定したり、
あるいは固定ページに読み込むテンプレートを指定するとかでもいいのですが、
僕はめんどくさがりで忘れっぽくて、テレビリモコンのズレる角度を嫌う類の人間なので、
slug頼りが一番フィットしております。
おかげで、archive-slug.phpとかsingle-slug.phpとか、増殖させまくりっす。

ただですね、
配布目的であればfunction.phpを弄ったり、子テーマをセッティングしたり、なんてのがベストなんだろうなと遠い目にもなるわけで、たまにはそういうこともやるべきなのか?と一瞬よぎる今日この頃。

でもまあ、正直めんどくさいしガラじゃないので、そういうのは奉仕精神のある人たちに任せますわ。

タグ:

Comments