BLOG

ダ~レも使っていない(?)Google+をいつしかボクは、だんだん好きになり始めていた

みなさん、Googke+使ってますか?

アカウント自体はあるけど、SNSとして使ってる人はfacebookなんかに比べると圧倒的に少ないですよね。
“友達候補”のアバター、デフォルトのミステリーマンが多いですから、わかります、ええ。

松井達也のGoogle+
コレ、私・松井達也のGoogle+っス。こんなカンジの画面デス。
松井達也のGoogle+プロフィールページ

この前冷やかしで参加した某facebook講座でも、
「Google+はこれっぽっちだけど、facebookはこれだけみんなが使っているんだから、さあ使いましょう!」
なんて、ユーザ数の折れ線グラフを指しながら呪文のように唱えておられました。

かくいう僕も、Google+のSNSとしての使い勝手は悪い、と勝手に決め込んで、
サービススタートと同時に始めたはいいものの、これまで完璧に無視して参りました。
facebookにほとほと嫌気が差したのがキッカケで、わざとGoogle+を使うあまのじゃくを決め込んだつもりでした。

どうせ陸の孤島だよ、と自嘲する毎日でしたが、
するとどうでしょう、気がつけば、だんだん好きになり始めているではありませんか?!

理由は以下のようなとこでしょうか。

facebook的な他人にとって意味のない、もしくは気分を害す書き込みをわりかし見なくて済む

FBは、人と人のつながりアピールこそがメインになっている印象で、名刺交換しただけの関係をそのまま友達と称してしまうような絆サギみたいなことが特徴です。
子供がどうしたとか、今何食ってるとか、仕事自慢とか、そういういくらでも誇張できて他人にとってはどうでもいい書き込みがやたら目立ちます。
なんとなくそれらがタイムラインに乗っかってきて、こちらの意思を無視してるような、邪魔な印象がありますが、
その点Google+の場合は、不思議なことにタイムラインにあまり目がいきませんw
「Google+って、画面がわからないんだよね~」なんて話をよく聞くのですが、そういう印象を受けるような人々(情○)が参加していないことも一因かもしれませんね。

コミュニティに参加して能動的な情報交換を行なう操作に長けている

単純に、一般のユーザが少ないだけか、あるいはGoogle+の仕組みの賜物なのかどうかはわからないけど、
余計な情報をFBほど見なくて済む気がします。
それはひとえに“コミュニティ機能”の存在が大きいからではないかと。
一般的なコミュニティサイトに比べて、心なしか敷居が低く、参加しやすいし、コメントもしやすい。
手軽さ、という点がSNSの魔力なのかもしれません。
古きよきコミュニティサイトの機能にSNSテイストをまぶしたようなカンジですね。
Google+はズバリ、コミュニティがメインコンテンツですヨ!

ヒモ付く他ユーザとの関係性をカテゴライズできる点はありがたく、FBのような「Friend? or Not Friend?」的な強迫性がないことは大きなポイントではないでしょうか。

商売の宣伝とか忙しいアピールとか空の写真掲載バッカやりたいヒトたちは、一生facebookやっててください。

Google+は、有益な情報交換を目的としたコミュニティ機能メインのSNSとしてより発展してくれれば、それでいいデス。

なので、まだまだしばらく潜伏状態でお願いしまス。

タグ:

Comments