BLOG

ポータブルHDD「I-O DATA-UT500KC」を買ったった(地元のしがない量販店でww)

ウェブデータやなんやかやのPCデータを手軽にバックアップしておく用途にボクが最近購入したのが、
このI-O DATA製ポータブルHDD「HDPF-UT500KC」

HDPF-UT500KC

いつもならネット通販で最安値のものを探して購入するところを、
たまには住んでいる町にマネーを落としてやろうかってんで、
近所の家電量販店「100満ボルト」で購入してきた次第。

正直、最初はコスパの良い国産メーカーであればなんでもいいやという姿勢で物色し始めたのですが、
このHDPF-UT500KCが、厚さが気にならない極薄スリムのポータブルHDDという、なんかゴムみたいなカンジのアピール。
つい釣られて多少値は張ったがコレにすることに。
つっても、1万程度ですが。

RAIDは欲していないしそんなに飛び切りの容量もいらね、
って事情もありますし、
据え置きの筐体のゴツいアイテムはやっぱ過去の遺物といいますか、
個人的に、これからはなんでも「コンパクトでモバイル性に優れ機能性を備えたモノを優先」したいという基本発想に基づいているワケなんです。
万が一災害やなんかで家から緊急避難しなければならないような事態に陥ったとして、
持ち出せるものは小さいに越したことはないですから。
ゴツいHDDを小脇に抱えて、黒いセカンドバッグ抱えたオジサンみたいになっちゃうのもアレですし。

ということで、その携帯性の一点のみにおいて、ポータブルを選択した次第。
アクティブに持ち運びをするつもりはサラサラありません。

で、買ったHDPF-UT500KCですが、
容量は500GB。
自分が現在求めている用途的には全く持って十分。
USB3.0対応なので転送速度はハイ問題なし。

大きさ&厚みですが、
確かに、カードサイズでコレはコンパクトでいいです。
USBで給電するから、電源コードのわずらわしさもナシ。
あまりにコンパクトでツルっとしているものだから、
コレを手に持って持ち歩いてたらスッポ抜けてしまうこともあるでしょうね。
造りの堅牢性については、床に叩きつけて試してないから知らんけど、
モノへのアプローチが優しいボクに関しては無縁のテーマですので。

タグ:

Comments